初めてのわが子供はいずれどういう風に育っていくのか?また育てていくべきか?

私はおめでたの間はがあっという間に過ぎ、予定お天道様より数お天道様早く分娩しました。
分娩の翌日から母子同室なので、子育てがスタートしました。
この時点では、公正子育てをなめていました。
元々、ちっちゃな親戚のオムツ替えやおっぱいを手伝ってきていたのでそつなくやれるだろうと。
しかし、実際は全然異なりました。
昼夜問わない授乳、特にわが人は全く寝てくれず、助産師氏が私の疲れきった形相を見かねて2、3年月預かって貰い、その時間に交わるライフでした。
そういうの場合、入院のの場合お天道様にふとわが人のアクセスの変調に気付きました。
それまでは私は、悟り目論見の場合でそこまで気にする空間が無く、彼氏や義理の身寄りなども気付いていたけれど私がショックを受けてはいけないからと言わなかったそうです。
医師に聞いた近辺、内反アクセスだろうから、退院後々なるべく少なく専用のクリニックに仲立状を書くからアポイントを取って行ってくださいと言われました。
医師との話が終わった後に自分のせいでそうなってしまったんではないのか周辺と申し訳なく憧れ、涙しました。
そこからがほんまでした。
退院後々、アポイントを取り去り、クリニックで診察してもらった店舗、やはり内反アクセスですと見立てされ、ウィーク2でクリニックに訪れギプス確立をして、プロセスによって機具に乗りかえるか、1度執刀するかが仕上がると言われました。
初日からギプス確立をされ、ギャン泣き始めるわが人を見て、わめきました。
ただギプス確立後に、「内反アクセスは発端がはっきりとわかっていなくて、婦人が酷いわけではないんです。それに乳幼児はそういう自分でも一緒に頑張っていただけると想う親を選んで生まれてくると思うんです。だから婦人もがんばりましょう」と医師に言われ、そうです、わが人が頑張ってるのに泣いてちゃダメなんだと思わされました。
オムツ替えなどは特に不都合はなかったですが、沐浴が大好きなわが人は沐浴ができないので、泣いてほんまでした。
その代わり、クリニックに出向くお天道様はいく前に沐浴ができたので、その時はとてもご思いで、今日も頑張ろうねと話しかけながら沐浴させていました。
果報、それからプロセスも可愛く、執刀をせずに機具確立へとチェンジしました。
機具自身、少し重かったりやるし確立罹るので、しばらくはひたすら泣いてるお天道様が続きました。
しかし、おバスはギプスの時と違い、四六時中入れますし、だんだん慣れてきてくれて、おバスの後に機具を垂らし正す時も泣かずに、暴れたりもせず、擦り込みさせてくれるようになりました。
そして面持等も多く、よく笑ってくれて、夜間も寝かしつけてから1度現れるだけで5季節6季節まで起きない程、よく寝てくれて、とても嬉しい人だ。
それでもたまに、機具が不満らしく、なかなか涙し止まない時もあり、その時泣きみたいになったりしますが、いつもお利口にしてくれていて頑張ってくれているんだから、泣いて当たり前だと憧れ、気持ちに空間が出始めました。
今は首が座り始めたぐらいなので、まだまだこれから困難事がいっぱいあると思います。
今でも疲れてほんまだっておもうこともあります。
けど、私や彼氏を選んで生まれて来てくれた。
それだけで、私は頼れるんです。
どんなに疲れてても、わが人の含み笑いを見るとつられて笑ってしまう。
だから、これからもわが人と一緒に頑張って、笑って過ごしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です