メガネで老眼を鍛え上げる事が果たして出来るのだろうか?

俺はずっと視力がかわいく、中学徒の辺りは両目とも2.0でした。
そして、年齢とともに徐々に視力は落ちていきました。50才を過ぎた今ではすっかり老眼だ。
それでも30代までは右手1.0、左手1.2を保っていましたが、40価格になって右手0.7、左手1.0になり、今では右手0.5、左手0.7だ。
今、老眼鏡をかけずに何とか新聞紙も読めるしマイカーの移動もメガネ無しだ。

今日、嬉しいガイドブックを見つけました。「100円メガネで視力は回復する!! 」という名称だ。
昔から遠くの緑をぼんやりと眺めると眼の消耗に効くと言われています。これとおんなじインパクトを100円メガネで受け取れるというのです。
用意するものは、100円サロンで売られている「+2度の老眼鏡」だけだ。
100円メガネをかけてピントがあっていない状態で1メートル以上行く末をぼーっと眺めれば良いのです。しかも、一日1回5分だ。
ポスターを1メートル~3メートル先に貼ってぼんやりとした視界で見たり、窓の外の印象をピントがあっていない状態でぼーっと眺めて下さい。

老眼が癒えるとは思っていませんが、眼の筋肉を鍛えてピントを調節する力を押し付けたいと思います。
視界がクリアになって、眼の疲れがとれます。もしかしたら視力も少し美しくなるかもしれません。

端末やスマホで眼がお消耗の人間は多いと思います。老眼では乏しい人間もこれは心がける実利があるのではないでしょうか。
私も、これ以上老眼がもたつくように眼を鍛えて、年齢と戦っていこうと思います。闇金の相談を無料でしてくれるところは?

失策を恐れるな。こういう言葉のウェイトを知った戯画で人間生の分かれ目が訪れた

あたいが激しく影響を受けた戯画として紹介する作品は、福本伸行教官作品、「天-天和通りの快男児」だ。麻雀戯画書物「近代麻雀ゴールド」で連載されていた、麻雀戯画で、麻雀戯画としても魅力のおっきい作品ですが、あたいがとても感動のは、麻雀シーンではない所です。

こういう作品の終盤、表紙人間の一人です赤木しげるは、アルツハイマーにかかり、「自分」というものをきつく意識して生きていた主人は、想い出がなくなるため自分がなくなる前に自殺する、ということをかつてのグループや、戦った対象を揃え、一人一人に話します。自殺など始めるなと説得する者もいれば、同じく根深い病魔を患い、自分にも死が間近いと告白する者もいました。

そのしている時の一人、井川ひろゆきは、最初は自殺を押さえるために説得をしようと思っていましたが、最初のワンポイントがしている時々言いだせずにいました。それを見た赤木は、ひろゆきの現状を見抜きます。いのちが煙ってある、真っ直ぐ生きていない、立ち止まっている、と。それは本当でした。主人も麻雀打ちとして生きていましたが、赤木しげるや、こういう作品の主要人表、天貴史などの強さの領域には届かないことを悟り、遊戯師ではなく、OLとして、死んだように生きていました。そのひろゆきに掛けた赤木しげるの言葉があまりにも気安く、たくましく、そして読んでいたあたいをとても意欲させました。

「到達を目差すな、と言ってるんじゃない。その正誤にとらわれ、思い煩い、止まってしまう対応。熱意を失ってしまう対応。これが悪い。こっちの方が問題だ。嬉しいじゃないか…!三流で…!熱い三流なら完璧よ…!まるで済む。済む話です。だから、恐れるな。増やす…!罪を恐れるな…!」

こういう赤木の言葉はごく一部ですが、主人のいう「罪を恐れるな」のウェートは、世間でよく仰るそれとは状況が違う。勿論誰だって到達は目指すだ。しかし主人はこうも指す。「それは飾りです」と。到達は人生の飾り。ただやる事、その熱意、はたらきそのものが、通じるってことなのだと。こういう言葉が、どれだけあたいを勇気付けたでしょう。そして、今でも立ち止まった時は、主人の言葉が前に進むための励みになっています。欲求不満な時ってどうすればいい?

賃貸ワンルームを解約するときの立会の方に語り積み重ねる女にイラっとしました

私の女子は、昔から別人との隔たりが異常にくらい、住居見舞いに来た教官に業界話をし続けたり、身や姉の親友に機関銃のように話しかけ、親友を失いかけたこともありました。その度に相当イライラして、女子に警告もしたのですが、本人は悪いことをした自覚が無く、全く聞き入れません。ですが、私も大人になり、結婚して離れて暮らしていたこともあり、少し冷静になってきて、別に悪いことをやるわけでもないかと思えるようになってきていました。
事情があって、本日年の11箇月から数ヶ1箇月中、女子が私の家の近くに賃貸ワンルームを借りていました。女子はもう70お代なので、借りる時も解約する時も各種順番をほぼ身がしており、キャンセルときの立会にも同席しました。立会の結果来られた男性は、とても対応が美しく、話し上手な方でした。その方が女子に話しかけたタイミングから、不愉快直観がしましたが、やっぱり、女子はずっと語りっぱなしで、もう立ち寄りません。足掛かりを引き戻す時も、身が譲り渡したキャンセルときの精算金を数えてある時でさえ、話しかけ積み重ねるのです。明らかにおビジネスの阻止になっているし、身が精一杯シグナルを送ったのですが、見抜く気配はみじんもなく…。広場を確認されている時に、その方を追い掛けて話を積み重ねる女子に、心底イラっとしました。お仕事をしながら、逐一女子の問い掛けに答申をやるその方に、スミマセンやら、照れくさいやらでつくづく嫌になりました。
やっぱり、女子のあの機関銃トークを許せるお日様は来なさそうです。ヤリマンに出会いたい。